Learning Neuronmental Psychological Program 神経言語プログラミングでネットビジネスのスピード成功を狙います!

神経言語プログラムを学ぶ

未分類

PCだけであなたも自動成功!

更新日:

PC(パーソナルコンピューター)だけでも、インターネットから富を獲得できます。

スーパーコンピューターは、PCの何倍も演算能力がすごいということを耳にしますね。

 

自動で、あなたを成功へ導くスパコン(スーパーコンピューター)が欲しくないですか?

 

 

実は・・・成功のステージに連れて行ってくれるスパコンを、あなたは既に所有できているのです!

 

 

 

Radian
「まずは、未来の自分の成功の状態をイメージしてください。

何を成し遂げ、何を手に入れ、どんな状態になっているのか?

ここでは、それを大目標ということにして話を進めます。]

 

 

今現在と大目標には、差(ギャップ)があるだけです。

 

【大目標】

↑ GAP!

【現 在】

 

 

 

そのギャップを埋めるだけのリソースを積み重ねていけば、目標に到達します。

 

ギャップを解消すること = リソースの積み重ね

 

こんなふうに考えることもできますね!

 

 

 

すでにあるリソースは、探して、見つけて、積み重ねるのに使えます。

 

今はまだ持っていないリソースは、既存のリソースを使って、新しく取得すればOKです。

 

 

大目標に到達するのに必要なリソースを揃えることが、成功するということ。

 

 

頭と心にあるプログラムのリソースの1つして考えることができます。

 

このことを次のような表現で言うこともできます。

 

「今回の目標達成に、●●という信念が必要だ」

 

 

ニューロ言語プログラミング的に言い換えてみましょう。

 

「目標達成に必要なリソースは、●●という信念=プログラムである」

 

 

 

何らかの目的があり、コンピューターに何らかの動作をさせたい場合、

プログラマーがプログラミングします。

 

 

人も同じようなことが言えます。

 

ニューロ言語プログラミング(「N」「L」「P」)の「P」は、プログラミングの頭文字をとっています。

 

 

成功に向けて、何らかの目的を果たすプログラムを、自分で頭や心にプログラミングすればいいんです!

 

 

成功に役立つプログラムを無意識にたくさん書き込んでいきましょう!

 

 

では、どのように書き込んでいくのか?

 

イメージしていきましょう。

 

 

ニューロ言語プログラミングでは、学習の5段階という考え方があります。

 

私たちは、何かを習得したり、身につけたりする時に、次のような段階を経えるという考え方です。

 

 

 

Radian
■第1段階目は【無意識的無能力】]

 

 

「意識していないし、できない」段階のことです。

あるいは単純に「やり方を知らないし、できない」と言い換えてみてもいいでしょう。

 

 

Radian
■第2段階目は【意識的無能力】]

 

 

 

「やり方を知っているけど、できない」段階。

あるいは、「意識レベルに上がってきているができない」とも捉えることができます。

 

 

Radian
■第3段階目は【意識的有能力】]

 

 

「やり方を知っていてできる(能力を有している)」段階。

または「意識すればできる」「考えればできる」とも言えそうです。

 

 

 

Radian
■第4段階目は【無意識的有能力】]

 

 

「意識しなくてもできる」

 

 

 

Radian
■第5段階目は【無意識的有能力を意識】]

 

自分が無意識でできていることを、意識レベルに表出させて、人に教えられるレベルです。

 

 

 

何かを習得するとき、身につける時に、意識レベルから無意識レベルへと段階を経てプログラミングされるイメージですね。

 

 

食事をする時に使う箸もそうです。

 

 

最初は、意識しても上手に使えず、意識すれば使えるようになり、

いつのまにか、無意識でも使えるようになります。

 

人と話ながらでも、テレビを観ながらでも、箸で挟んだ食べ物を口元まで運ぶことができるようになります。

 

 

さらに、その気になれば、子どもに箸の持ち方を教えることができるようにもなります。

 

いったん書き込んで定着したプログラムは、無意識の領域で動作しています。

 

定着したプログラムで、無意識が、あなたを行動させていると言えます。

 

 

成功に役立つプログラムを書き込んで、使い続け、定着することは、

無意識があなたを成功に向けて行動させるのです。

これが学べるのが

BMTSprogram(business mentalpsychological technique school-program)

 

 

自己啓発や成功哲学の分野で、自動成功を連想させる話は、このようなことを指しているのだと思います。

 

 

 

あなたの持つ無意識は、あなたが成功することに役立つスーパーコンピューターだと思ってみましょう!

 

-未分類

Copyright© 神経言語プログラムを学ぶ , 2020 All Rights Reserved.